秋華賞

◎:サラキア
★:アーモンドアイ
▲:プリモシーン
△:ダンサール、ラッキーライラック 
 その昔、「この中に○○を本命にしてない記者がいるんだって!」とのたまわった騎手や、「○○を本命にしないなんて予想じゃない」と物申した大御所予想家がいたそうですが。
 まあ、普通にレースしたらアーモンドアイが負ける理由は考えつきませんな。
 とはいえ、上2つの発言はどっちも「馬券」としての視点は完全に欠落した「勘違い」であって、そういう勘違いに陥りやすいものだから競馬はギャンブルとして面白いんだと思う。
 
 本命前哨戦であるローズSにオークス上位の参戦がなく、中距離で良績のある馬の大部分が「そのレースは逃げていた」というメンバー。ローズS1人気のワルキューレもいなくなって、本番に向けて実のあるレースをしたといえそうなのはサラキア1頭だけ。小回りコースを10-10-4-3と押し上げて勝利→中だるみの直線偏重コースを前有利の展開で差し届かず、今回前進見込める一頭。
 当てろ、と言われればアーモンドアイ→サラキアの1点。プラス、マイルで差し競馬しか経験のないプリモシーンがいつもどおりの競馬でこの条件このメンバー構成で着を拾うところまで。3連単でもアーモンドアイ→サラキア・プリモシーンの2点。もうちょっと広げて、今回は差しに構えてほかの日本人騎手がレースなり無抵抗な中最大限上を拾ってくるデムーロまで相手に足して6点。オークスから直行の2頭だが、前掛かりの馬でラッキーライラックのほうが今回展開面でも怪しい。
 
 でもねえ、このレースでギャンブルするなら、アーモンドアイが競馬にならなかった場合を狙うでしょ。オークスから直行の3歳牝馬、何があっても驚かない。

 馬券は、

3連単で◎→▲△6点、◎▲マルチ→△12点、◎→★→▲△と◎→▲△→★で6点。
★→◎▲→◎▲は、・・・いいやはずれで。

 

この記事へのコメント