有馬記念

コメントは後程。キーワードは漁夫の利。
ARIMA01.png
ARIMA02.png 
 以前のエントリで書いたことを思い出しながら。
 キタサンブラックの強みは、前で主導権取ってきっちりレースで勝ち負けするのに必要な上りを使えるところ、行くだけ行って粘り込めじゃない、小癪な逃げ馬。それだけに、勝てなくても勝ち馬からそう大きくは離されないし、相手にすぐ後ろの馬を連れてくることが多い。
 その「セット」相手がシュバルグラン。レース中の位置取り悪くなければ最後までキタサンについていくし、前走ではついに打ち負かして見せた。この二頭は来るならそろって馬券になる可能性は高い。勝ってくださいとばかりにキタサンが、ここで最善と言えるゲート後入れ+最内の二番枠引いてきた。
 キタサンでどうしようもないし、相手も固そうだというのが枠順確定後の第一感。
 もう一度展開を考えてみよう。この枠このメンバーなら、武は真っ当に主導権取ってレースを進める。シュヴァルグランはキタサン睨んでどこで前をとらえにかかるか。相手は、近年最強馬クラス。この馬負かしてほかの馬に喰われても仕方ないで、4角で並びかけて直線マッチレース、という形が一番ありそうに思う。・・・そしてそうなるとワンテンポ仕掛け遅らせた馬においしいところ持ってかれるのではないか。
 
 中山だし、後方に構えて直線勝負の馬がそこで攫って行くとまでは思えない。ある程度位置があって、キタサンポケットから内で省エネ→満を持して最後だけバテた前を交わす。内枠でそういう競馬のできそうな馬・ヤネを探すとサトノクロニクル・クイーンズリング。サトノクロニクルは穴買うならこれしかないだろうという気持ち。戸崎=漁夫の利というのもなんかイメージだ。さらにルメールはそういう実績も多数持ち、・・・と思って当初の印は重かったが、やっぱり見返すと馬のほうがそういう競馬に向いてないようにしかみえん。クイーンズリングは抑えの×に格下げ。
 問題はスワーヴリチャード。当初は人気でもあり真っ先に消した1頭、どう考えても中山より東京向き。皐月賞のぎこちない競馬思い出すとここで来るとは思えない。・・・だったが、よく考えると、中山でまずい競馬したのは馬じゃなくヤネが中山向いてないだけだった気がしなくもない。そりゃ、日本一美しく馬を追う四位様に中山みたいな中央場所にあるまじきクソコースは合いません。Mデムなら普通に勝負できる位置でスムーズに回ってきそうだ。道中7番手より前にいれば結局最後はこの男という予定調和。

◎:サトノクロニクル
○:スワーヴリチャード
△:キタサンブラック、シュヴァルグラン
×:クイーンズリング

 

この記事へのコメント

  • ぶらじる丸

    お久しぶりです。
    選んだ5頭がまったく同じで思わずコメントしました。
    個人的にはサトノ3着を厚く買おうかと思ってます。
    2017年12月24日 10:34
  • 週末人

    >ぶらじる丸さん
     どうも、お久しぶりです。
     ですよねえ(>3着厚く)。コイントスとかのイメージで、ヒモまでだろうと思ってはいるのですが。
    2017年12月24日 11:16
  • 週末人

    ・・・第一感ままでも、考え直しても針の穴を通すようなはずれ。
    わかっちゃいたけどルメールと戸崎の差に涙。

    2017年12月24日 15:33
  • ぷろぐれす

    いつもながら絶妙な予想お見事でした。
    2017年12月24日 15:54
  • 週末人

    3着シュヴァルグランだったので当たっていました。
    4千円ちょっとのもうけ?

    >ぷろぐれすさん
     どうもです。
     どうしても素直にキタサン本命にはしないという。
    2017年12月24日 16:04