AJCC(週末100番勝負その4)

◎:クリールカイザー
○:ミライヘノツバサ
▲:ナスノセイカン
△:ゼーヴィント

(隊列想定)
 <逃げ>17----<番手>1.2.13ほか--<好位>4.7ほか--<中団>10.11ほか--<後方>5.8ほか

 変態11F戦、逃げ馬が後ろに突かせる展開で動いたもの負けになって後ろにいた馬祭りになるか、動いても強い逃げを打った前を突ききれなくて先行勢が順に力尽き後ろも届かないかの2択をまず想定。
 最初に消したのがリアファル(>以下もう読む必要無い可能性大)。不器用だからこそ中山22・25が向くダ兄が外から派手に行く構え見せれば番手でいいと考えるのが落とし穴。逆にご苦労さんと最内番手でじっと構えるのがミライヘノツバサ。1枠に2頭、前目でじっとしている向きの馬がおり、番手勢で動くに動けず3~4角でリアファルが怪しくなるのが見える。
 外目だと押し上げ組になるミライヘノツバサだが、最内・番手でじっとできそうなので3~4角早目には動かず直線まで追い出しを待つと思う。そうなると案外3~4角で押し上げ効く馬がおらず、おそらく人気背負ったゼーヴィントが上げて行くことになる。ゼーヴィントも結構逆風。
 タンタアレグリアが久々だし、今回については位置取り・決め手ともこれよりはナスノセイカンのほうが面白い。
 逃げるクリールカイザーが残って、押し上げるゼーヴィントよりもイン利・後出し利のミライヘノツバサ、決め手で頭ハネのナスノセイカン、という並びで予想。
 
・Win5
 1.2-5.12-1.9-1.3-1.10.17

この記事へのコメント