京都金杯(週末100番勝負その1)

 さあ、今年こそは100番消化できるでしょうか。
目標1:ちゃんと100番こなす。まずこれが大変だ。
目標2:5勝。プラス二桁万が勝ち、それ以下は引き分け。はずれはもちろん負け。

◎:ムーンクレスト
○:ガリバルディ
▲:ダンツプリウス
△:4.5
 前に行く候補が、スピード豊富というより前で折り合って距離持つタイプなので、上り脚勝負になるとみる。ここでエアスピネルが素直に前に行って、持ち前のスピード活かす競馬をすればあっさりだけど、そういう競馬2歳以来、前走菊花賞ですよ。で、この馬の手綱をずっと握ってるヤネが、今日のことだけ考えて乗るか今年1年考えて乗るかは結構微妙。
 決め手重視なら○と△の2頭、純粋な切れ勝負は分が悪いが位置取って常に善戦型のダンツプリウスは拾っておきたい。・・・と、当初11番本命で考えていたがよくよく見るともっと買ってみたい馬が1頭。今回外枠引いて追走し、きっちり流れに乗って脚使えそうなムーンクレスト。切れるというより、相対的に上り使えるのがぴったり。
 

この記事へのコメント