有馬記念の予想

ARIMA.png
キタサンブラック

KB.png
 
清く正しく美しい清貧逃げ馬(匿名希望)

MA.png

 うん、キタサンブラックは正しい意味で逃げ馬ではない。
 13戦のキャリアで上り3F3位以内に入ったことは2度しかなく、その二度は控えて勝負所の位置取りも遅らせてのもの。
 一方でキャリア17戦一度もハナを譲ったことのない匿名希望さんですら、逃げながら上り3F3位以内は3度ある。出走メンバー中力が普通に上位だったとか、後ろの馬に追い上げで早目に脚を使わせて結果的に自分のほうが上りが速かったとか。
 で、キタサンブラックの真骨頂は前に行ったレースで上位上りは使えないけれども、そのレースで最速上りから1秒と変わらない上りを使ってくること。(唯一、最速上りから3秒遅い上り3Fとなったダービーが、唯一馬券外に消えたレース) 逆に自分が前にいないレースとなった2戦は上り1位、2位で勝利と、「ペースにかかわらず、位置取りに合わせて、そのレースで必要な上りが使える」小癪な馬といえる。
 匿名希望さんは直近3連勝の後ろ二つは最速上りから1秒遅い上りしか使えず「位置の利」をいっぱいに使って逃げ込んでいるし、逃げ込みに失敗すると最速上りから2秒3秒遅くなって止まるのは日常茶飯事。うん、清く正しく美しく貧しい。3走前の逃げて上り2位なんて言ってみりゃ「力上位」の証で、2度クラス上がっても勝てたと。
 正しい意味での逃げ馬でないキタサンブラックは、ある意味押し上げ型の天敵だ。位置差意識して早目に押し上げると春天のように押し上げたほうが潰れ、仕掛けを待つと上り残して残られる。
 
 さて、今回の道中想定。
 7-(1.5)-(2.6.12)-(4.10.11)-(8.16)-(3.9.13.14.15)

というあたり。
 ・・・キタサンブラックは飛びそうにないな。飛ぶ可能性としては清貧さんをバカ正直に追いかけて位置こだわるケースだが、そんなことやらかすとは思えない。ダ兄ならやりそうだが。
 ハナを切って位置取りとレースをコントロールする立場だと、相手の出方によって左右される分(正調逃げ馬と逆になる)勝っても負けても着差に幅が出るが(それでも崩れないのが小癪)、レースの流れに合わせる立場だとピンポイントで「レースに勝つだけの」上りで帳尻合わせてくる。清貧さんにレース作り任せてレースの流れに乗って行けばいい今回は、「接戦」パターンだ。
 では、キタサンで盤石かというとそうでもない。「そのレースで必要な上りが使える」といっても、決め手勝負になった大阪杯や京都大賞典はクビ差の2着。「相対」的な上りで帳尻合わせるタイプだけに、接戦になるレースでは「すぐ後ろにいる馬」に弱い。さすがに微妙な帳尻は合わせそこなうこともあるんだろう。
→ 京都大賞典:キタサンブラック2-2-2-2、アドマイヤデウス3-3-3-3
→ 産経大阪杯:アンビシャス2-2-2-2、キタサンブラック1-1-1-1

 さあ、キタサンブラックのすぐ後ろで競馬する馬を買おう。
 
 ここしかないぞゴールドアクター。「位置差」を埋めるのに脚を使わされるとキタサンブラックの帳尻合わせの餌食になる、勝負どころで詰めるのでなく、レース序盤から離されずにくっついて行けば、一瞬の脚の差で中山なら勝てる。清貧さんに行かせてテンのんびり構えて行こうとするであろう今回はチャンス。
 JCのときも、GA→KBはあっても、KB→GAはない、と思った。GAの勝ちパターンならKBは相手に残ってしまう、KBの勝ちパターンなら負かしに行く分GAはほかの馬にもやられる。今回は、舞台・展開ともゴールドアクターのターン。
◎:ゴールドアクター
○:キタサンブラック
▲:サトノノブレス
△:サウンズオブアース、マリアライト
 サトノダイヤモンドは勝負どころを外マクリ気味に真っ向からキタサンに喧嘩売りに行く形になるので、春天のゴールドアクターと同じような結果になりそう。▲以下は3角でキタサンの近くにいる可能性が高い順に有利とみる。

この記事へのコメント

  • レドンド

    こんにちは。
    お久しぶりです。
    仕事が忙しくてなかなか馬券を買えなかったのですが
    有馬は参加しようと思っていたので
    週末人さんのを参考に馬券を検討します。
    ありがとうございます。
    2016年12月25日 15:11
  • しか

    展開の読みはさすがですね!
    最後まで②1着応援してました
    久々に見応えのあるレースでした
    2016年12月25日 15:47
  • 週末人

    >レドンドさん
     どうも、お久しぶりです。
     夢も希望もない、1→2→3人気決着!。
     これにこりず、来年もよろしくお願いします。
     
    >しかさん
     どうもです。
     もっと後ろからマクる形になると踏んでたtので、序盤からの緩いところですっとキタサンの後ろにルメールがつけた時点で勝たれると思いました。
     そして、ラストは3頭の内でゴールドアクターが、というより3人の中で隼人が真っ先にバテるという・・・。一番若いはずなのに、このへんが大舞台経験・ヤネの差かと。
    2016年12月25日 16:21
  • まさのりゆき

    読み物として、とても面白かったです。
    昔、書かれていたマイゾウキンの回もよかったです。
    大きいレースでは、楽しいのを期待しています。
    2016年12月25日 23:09
  • 兄弟競馬@弟

    ご無沙汰しております。コメントもお久しぶりです。予想はしっかり見ております。
    私も久々にここ何週間か競馬予想に真摯?取り組みましたが、相変わらずです。
    私の自信の有馬はGA@隼人の単でドボンでした。。。
    週末人さんの穴推奨はファンとしてはたまりません(笑)ぶれない予想にいつもスゲーという言葉ばかり出てしまいます。シュウジ、マイネルSお見事です。また来年も参考にさせて下さい。
    2016年12月26日 01:52
  • 週末人

    >まさのりゆきさん
     どうもです。今頃のレスになってすみません。
     「デキ」はさておき、なにか書けるほど考える、ことができれば外れようがそれだけで競馬はとても楽しいんですよね。・・・時間と心と懐に余裕があればねえ・・・。
     
    >兄弟競馬@弟さん
     どうもです。遅いごあいさつですみません。
     ほんとご無沙汰しております。最初のころからのお仲間さんも、ブログ辞められたり、こちらもコメントつけさせていただく余裕がなかったり、なんとなく疎遠になってさびしく思っておりますが、今も心は同じ競馬仲間というつもりでおります。
     お互い、懲りずに競馬は続けましょう!
    2017年02月26日 15:59