小倉記念 週末100番勝負その24&25

 2回分、ということで倍増しレートでお送りします。

Kokura11

 

◎:メイショウナルト

○:マックスドリーム

▲:ダコール

△:マイネルラクリマ

▽:ゲシュタルト

 

気持ちは限りなく馬単◎→○1点勝負。割ってくるなら▲、一応敬意を示して△。

 

 人気の2頭が好走パターン真逆、逃げる候補の2頭の好走パターンも真逆というメンバー構成のレース。

 ミキノバンジョーは短距離→中距離の距離延長で前に行っての逃げ馬、メイショウサミットは距離短縮で逃げ切って距離延長で直線まで全うし切れない逃げ馬。前者はテン飛ばしても位置の利でしぶとく押切り型、後者は距離短縮でゆるっといければ後半にそこそこ速い上りを並べられる。

 マイネルラクリマはテンから厳しく後半が凹凸少ない12秒ラップで好走、エクスペディションは前半緩めから後半11秒台に突入するロングスパートで好走。

 

 ミキノバンジョーが単騎主導権ならラクリマ向き、サミット単騎ならエクスペ向きの流れになりやすい。で、2頭出てきてどうなるの。

 サミットがテン乗り太宰で内、太宰が乗ってたバンジョーが幸四郎で外。ハナを主張するのは太宰で、幸四郎番手で予想。普段よりは入り3つは早目で、小倉特有の4・5F目は大きく落とせる流れになると考えるが、そうなるとここ二度同様に「1-1-1-2」で直線向く前にご苦労さんになっている可能性が高い。

 流れとしてはラクリマとエクスペの得意パターンの中間、テンはそこそこ速く、一度ゆるんで後半ちょっと速い時計の並ぶロングスパート。

 ラクリマにとっては、前走のように前に行っちゃうと今度は後ろが速い脚使って最後に喰われそう、といって構えると上りの脚で決め手負け、とちょっとアタマは考えたくない展開。

 一方エクスペは、前半貯めて後半のロングスパートに乗って行けるかどうかがポイント。正直、貯めに徹して2着拾った2走前、自分で動いて止まった前走という内容からはよかった頃の力はないと思えてならない。

 この2頭が斤量背負っているので、そこそこ流れに乗って切れる馬と、後ろからマクリ気味に動ける馬で馬券はすっきりまとめられる気がする。

 前者は、ヤネ込みでどんぴしゃのメイショウナルト。後者はマックスドリーム、同型のダコールとの比較で動きやすいのはこっち、まだ2週目で動けるVS動き遅れる分切れるなら動けるほうに分があると判断する。

この記事へのコメント

  • 小倉

    土砂降りでんがな
    2013年08月04日 14:26
  • 週末人

    >小倉さん
     どうもです。
     昼から予定があったので、先に買って出かけちゃいましたが、天気予報はチェックしてませんでした。土砂降りわかってたら・・・、どうしてたでしょう。
     結果的に時計見ると、あまり変わらなかった気はします。
     
     それはさておき、合併号でお送りしましたがぶっちゃけ今年一番かもというくらいの自信度で外れましたのでしばらくおとなしくしようと思います。
    2013年08月04日 19:33